Column

ダイエットと積み立て投資の関連性

こんにちは。
たすけ愛理事の小林です。

 

あなたはダイエット中ですか?
それとも食事制限は全くしていませんか?

 

おそらく半分以上の人は何らかの食事制限をしているのではないでしょうか?
目的がダイエットではなくとも食事制限は大変ですよね。
私も5年以上糖質制限を行ってまして、
15kgのダイエットに成功中です。

 

なぜ「成功中」というなのかと言いますと、
食事制限は容易に元に戻ってしまうからです。
少し油断して糖質を食べ始めると、それが習慣化してまたイチからやり直しです。
ですので、今のところうまくいっているということで「成功中」ということです。

 

さて、本題のダイエットと積み立て投資の関連性についてです。
積立投資はダイエットの精神状態に似ています。
「余計な支出を制限する」ことで積み立てが継続できるからです。
あとは、「習慣にする」ということです。
大きく2つに分けて説明します。

 

(1)余計な支出を制限する = 余計なものを食べない

「まぁ、いいか」
という言葉とともに栄養にならないものや食べなくても良いようなものを食べたことはありませんか?
私はしょっちゅう必要ないものを食べてしまいます。
ですが、体重が増えてくると気持ちを切り替えて食べないように我慢をします。

そんな感じで、支出も似ていますよね。
無駄なものをついつい(例えば缶コーヒーやガムやジュース等)
買ってしまい、1か月分で計算すると1万円になっている。
なんてことありませんか?
こういった無駄な支出を切り詰めることで積み立て投資が可能になります。

16.7年ほど前、自営業の私は老後のことを考えてみました。
年金でもらえるのは月6万円程度だとすると、
考え方を変えれば「月6万円レベルで生活できるような支出に抑えればいいんだ」と。
実際その時の私の月収は6~8万円程度で何とかやっていました。

単に売り上げを増やすのは大変なので、
売り上げを1.2倍、支出を1.2倍程度減らす。
こんな感じの手法を実践しました。

・80000円の売り上げを1.2倍にすれば96000円。
・80000円の支出を1.2倍減らせば64000円。
このような方法で32000円の余力が手に入ります。
この32000円を投資に回そうと考えたわけです。
(この方法で数年後に小さなマンションを手に入れることができました)

支出を減らすためにできることは以下のようなことがあります。
・高価な食べ物は食べない
・私服はすべて中古
・酒タバコをやめる
・2次会は出ない
・娯楽の飲み会は基本的に出ない
・ギャンブルをしない
・髪の毛を自分で切る
・実家暮らし or 公営住宅
・保険の見直し
・格安SIM
・自動車は中古(地方在住の場合)
・家具は手作りや中古
・お店では目的の物しか買わない
・観光旅行をしない
・冷蔵庫を持たない
・洗濯機を持たない

他にもできることはもっとあると思います。
少なくとも私が当時実践したことの一部を挙げてみました。
髪の毛と自動車、冷蔵洗濯以外は今も継続して実践しています。
ちりも積もればで節約することで、
上記のような努力を続けることで毎月積み立てが実現できます。

私の場合、周囲の方々のおかげで仕事を長く続けてこれたこともあり、
当時よりはマシな生活をできるようになってきましたので、気が緩んだんだと思います。
自動車を新車で購入してしまいました。(魔が差したんだと思います)
最近の中で一番の失敗です。

 

あと、さすがに今は家族持ちで冷蔵庫・洗濯機は必要ですが、一人暮らしならなくても何とか生きれます。
当時を思い出しますが、冬は買ってきた野菜をベランダの外で保存し、夏は食べるときだけ八百屋で買ってました。
そして、洗濯も週1回200円程度のコインランドリーで洗って自宅で干してました。
お金がないので、不便さもあまり苦ではなかったように思います。

 

ダイエットについても似たことが言えます。
一番シンプルなのは「とにかく食べなければ痩せます!」
でもそれだと大変だし、やはり食べたい。

そういう場合は朝昼晩、それぞれから少しづつ量を減らす。
もしくはお米だけ食べない。麺類だけ食べない。
等、ルールを決めてそれを実践すると成功しやすいです。

実際私はこの方法で15kgのダイエットに成功することができました。
無理をし過ぎず、自分の状況に合わせてできるところから改善した方がうまく続くのではと思います。

 

(2)習慣にする

食事というのは3週間程度で習慣が入れ替わります。
私の場合、糖質制限を続けていますが、初めの3週間は一番厳しかったです。
その後は何とか我慢ができて、3年何とか続けた時点で見えてきたのが「どちらでもいい」という境地です。
お米が大好物なので、食べないことはきつかったのですが、3年続けると、前ほどお米が食べたいという感情が出てこなくなってきました。
今は体重が増えたら食べず、体重が減ったら少し食べるといった感じで、コントロールしています。

 

そして(1)でご紹介した支出を減らす方法ですが、
この方法を投資に適用するには、3週間では難しいと思います。
2~3年程度は習慣を変えるのに努力が必要かもしれません。
先ほどの(1)の支出を抑える方法を2~3年続けるのです。
3年くらいすると、慣れてきてそれが習慣になるはずです。

 

いろいろと楽しい思い出を含めつつ書いてしまいましたが、
上記のような経験をすることで無駄なお金を使わないマインドが身に付くのではないでしょうか。
おそらく再現可能で、中途半端に実践したとしてもかなりの支出を抑えることができると思います。
もしご興味ありましたら実践してみてください。

 

いつも私のつたないコラムをお読み頂きありがとうございます。

コラムを読んで頂いた方で、たすけ愛の「ビジネス会員」に興味がある方は、小林から直接サポート可能です。
以下のLINE@に登録してください。
https://lin.ee/1yXx6o5

コラムの一覧に戻る