Column

石原伸晃氏の即入院について

こんにちは。
たすけ愛理事の小林です。

 

新型コロナウィルスが少し落ち着く兆しが見えてきましたね。
1月26日時点で、アメリカの新規感染者が先週から激減しはじめて
(といっても十万人単位で感染していますが)
もしかしたらこのまま減っていく可能性が見えてきました。

 

日本でも現時点で感染者数が減ってきましたので、
もちろん油断はできませんが、このままいけば終息も見えつつあります。
皆さんの日々の感染対策の賜物と思います。

 

そんななか、ちょっと気になるニュースがありました。

「石原伸晃氏のコロナ感染→即入院を「ラッキー」と弟・良純氏 3度のPCR検査判明で露呈した怠慢ぶり」
https://news.yahoo.co.jp/articles/3245b050779337eb3bd6d1fceedb5d9e7b116cf1

 

たしかにラッキーという考え方もありますが、
ということは羽田雄一郎氏はアンラッキーだったに過ぎないということになります。

 

「無症状にもかかわらず」というのが気になりますよね。
高齢者で症状がある人が「調整中」だったり「自宅待機」だったりする現実の中で、たまたますぐに入院できるという状況は理解に苦しみます。

 

石原氏は個人的にはクリーンなイメージで好きな政治家なのですが、
「私は今は無症状なので、他の方を優先してください」
くらいの発言をしてもらいたかったな~。と思います。

 

「上級国民だから、ほかの下民とは価値が違う」
こういう考え方もあるかと思います。
上級国民という考え方には反対したい気持ちもありますが、
私は個人的に、上級国民は存在するし、実際そういう人たちは重要人物だと思います。
人間の価値を比べることはできません。
ただ、ちょっとおおげさですが、日本の存続という究極の選択においては重要人物を選択せざるを得ないようにも思います。

 

縁起でもないことで、発言するのもはばかれますが、
もしも、天皇陛下が同じような状況になってしまったら、
当然、周囲はすぐに万全の体制をとると思いますが、陛下ご自身は、
「私は今は無症状なので、他の方を優先してください」
と仰るのかもしれないと思ってしまいました。
本人のそういう希望があっても万全の体制を整えるとは思うのですが。

 

重要人物はたしかに重要人物らしい扱われ方をされるべきと、私は思います。
しかし、本人はもっと謙虚になるべきと思います。
そして、もし本当に重要人物だから特別扱いされたのであれば、不幸にも死んでしまった(トリアージされた)人々の分まで尽力すべきと思います。
国にとっての重要人物であれば、常に国のために尽力すべきです。

コラムを読んで頂いた方で、たすけ愛の「ビジネス会員」に興味がある方は、小林から直接サポート可能です。
以下のLINE@に登録してください。
https://lin.ee/1yXx6o5

コラムの一覧に戻る