Column

ものすごくお金の量が増えている!!

こんにちは。
たすけ愛理事の小林です。

 

前回のコラムではお金の価値について紹介しました。
私は投資家としては中級者の最初くらいのレベルと思います。
ほぼ長期視点の投資のみで、主に不動産・ゴールド・株式・債券などに投資を行っています。

 

本業は別にありますので、投資は副業という位置づけですが、あくまで老後の活動資金のための投資活動ですので、本気で取り組んでいます。
ちなみに現時点での成績ですが、一応プラスになっています。
上記に挙げた長期視点の投資はすべてリターンを得ていて、全体で本当にざっくりな計算になってしまいますが、年15%~20%ほどです。
自分でいうのも何ですが、そこそこ頑張っている方だと思います。

 

暗号資産は、たしなむ程度で保有していますが、
以前の仮想通貨バブルで爆上げ爆下がりを経験してこりましたので、長期で少しずつ積み立てていく方針に変えました。

 

さて、本題です。
現在日本もアメリカも、ものすごくお金の量が増えています。
中央銀行がバンバンお金を発行して、政府がそれを借入れて国民にバラまくというパターンです。
特にコロナの給付金などでの影響と思いますが、史上最高はもちろんですが、別次元の発行量になっています。

 

参照:エコノミストオンライン

 

上記のグラフの赤線は、
金融緩和によりアメリカ中央銀行の総資産額の推移を表したものです。
見て頂くとわかると思いますが、リーマンショック時と比べると今回のコロナ時の量的緩和が異次元のものであることがわかると思います。

 

こういった感じでお金の量が増えると何が起きるかというと、一般的にはお金の価値が下がりゴールドの価値が上がるといわれていますが、今回は一体どうなるのか想像もつきません。。。

 

個人的に思うのですが、円を預金で持ち続けるのではなく、何かしらに投資をした方が安全だと思います。
今後は「たすけ愛」のように人と人のつながりであったり、投資案件や副業案件などを持つことが生き残るための基礎になるのかもしれませんね。

コラムを読んで頂いた方で、たすけ愛の「ビジネス会員」に興味がある方は、小林から直接サポート可能です。
以下のLINE@に登録してください。
https://lin.ee/1yXx6o5

コラムの一覧に戻る