Column

人生を成功させる重要な選択

こんにちは。
たすけ愛理事の小林です。

 

人生を成功させる重要な選択とは何でしょうか?

結論からいうと、
結婚相手の選択です。

 

この選択は重要な能力の一つです。
男性目線から書きますが、女性の方はご了承ください。

 

たとえば、20歳代で女性に恋をして、
同棲をして、そのまま結婚をする。
なにも悪いことはありません。
むしろ素晴らしいことです。

 

ただ、時間が経つと少しずつそのパートナーの経済的なクセが見えてきます。
消費が激しかったり、浪費癖があったり、投資に後ろ向きだったり、起業を認めなかったり。
ひとつずつ説明していきます。

 

 

パートナーのクセ(1)
消費・浪費が激しい

せっかく好き同士でも、パートナーが浪費家では財産を作ることは不可能です。
たとえば、リッチな外食が好きだったり、毎月旅行に行ったり、自宅で食事を作らなかったり、無駄なショッピングが好きだったり。
色々と考えられますが、多かれ少なかれ自分のパートナーに感じたことはないでしょうか。
夫が働いて稼いだお金を主婦が食いつぶす。
なんてことはよくあることだと思います。
ですので、浪費家とは結婚しない方が経済的ですよね。
もしくは教育を受け入れることができるパートナーであれば良いかもしれませんね。

 

パートナーのクセ(2)
投資を理解しない

女性を差別するわけではありませんが、
よく分からないからと投資を毛嫌いし、貯金にひた走る方もいると思います。
(もちろん男性にもこういった人はいると思います)
貯金は浪費よりは相当マシですが、投資を理解できない人と結婚すると、お金は増えません。
お金がお金を増やすような仕組みを作らなければ一生お金持ちになることはできません。
家庭内でブレーキがあるとなかなか前に進むことはできません。
少なくともパートナーが行ってる投資を容認し、応援してくれるような人と結婚する必要があります。

 

パートナーのクセ(3)
起業を許さない

現在サラリーマンで結婚をしていて、子どもがいて、マイホームをお持ちの方。
会社を辞めて起業をしたいとします。
収入のあてがあれば良いのですが(例えば保険マンのように自分の顧客がいて顧客ごとつれて独立できるような場合)、すべてをイチから始める場合はおそらく家族は止めにかかるのではないでしょうか?
子どもに対する責任と、マイホームのローンが重くのしかかってきます。
そのような状況でも、夫を信じて起業を許してくれる妻はいるのでしょうか。

 

パートナーのクセは以上です。
次は、結婚のリスクについて考えます。
妻と結婚し、子どもが生まれ、マイホームも作った。
しかし、10年経ち妻への愛が減り、お互いに毎日喧嘩ばかり。
このままではいけないと別居。そして離婚。
このようなホラーストーリーはたまに耳にしますが経済的には打撃です。

 

夫がメインで働いていた場合で、
場合によっては慰謝料を請求されます。100万円くらいでしょうか。
そして養育費を請求されます。毎月6~8万円でしょうか。
そしてマイホームの権利について裁判を起こされる可能性もあります。
場合によって、妻子はマイホームに住み続け、住宅ローンは夫が支払い続けるなんてこともあり得ますよね。
その場合毎月10万円くらいでしょうか。
毎月の合計は少なく見積もっても毎月16万円です。

 

この場合、この夫が妻に支払うことになるお金が以下となります。

子ども(1人)が6歳だったとして、19歳まで養育費がかかります。
マイホームのローンは残り20年とします。

・慰謝料 100万円
・養育費 6万円×12か月×13年=936万円
・住宅ローン 10万円×12か月×20年=2400万円

 

離婚の際には持っている貯金などの財産分与を主張される可能性もあります。
住宅は完済後自分のものとなっていますので、築30年の家を売却した場合は2000万円程度でしょうか。
そのまま妻が住んでいる場合は売却を拒否される可能性もありえますかね。

うまくいったとしても1400万円程度は失うことになります。
離婚は得策ではありませんね。
そもそも浪費癖のある強欲な人とは結婚しない方が良いですね。

 

ガンガン稼げる夫で、離婚も気にせず突っ走れるような性格の人なら上記のような状況になっても乗り越えられると思いますが、普通は大変ですよね。
私だったらとても耐えきれません。

 

では一体どうすれば良いのでしょうか。
私だったら、妻を選ぶ時点から考えます。
愛とは別に条件を検討します。

 ・性格が合う
 ・贅沢な暮らしを望まない
 ・最低限の生活で幸せを感じれる
 ・私の仕事や投資を容認できる

これだけです。
上記の条件を注意深く観察することでパートナーが経済的にどのような価値観を持っているかが分かります。
日本人であれば、この条件に当てはまるような女性は沢山いるように思います。

 

超大金持ちと呼ばれる人たちのパートナーの選び方も上記のような選び方だったと記憶してます。
貧乏な夫婦よりもお金持ちの夫婦の方が仲が良く、長く添い遂げるという統計データもあります。
お金持ちだから一緒にいるのではなく、お金持ちになる前から一緒にいるといいますから、お金持ちというのは単にお金を持っている人のことではないということですね。

人生で夫婦生活に失敗した場合、経済的に失うものの大きさは分かって頂けたでしょうか。
失敗してもやり直せば問題ありませんし、失った以上に稼げば問題はありません。
ですが、経済的にかなりの打撃となることは間違いないです。
くれぐれもパートナー選びは慎重に行わないとですね。

コラムを読んで頂いた方で、たすけ愛の「ビジネス会員」に興味がある方は、小林から直接サポート可能です。
以下のLINE@に登録してください。
https://lin.ee/1yXx6o5

コラムの一覧に戻る